すべて幸せの伏線回収

幸せになれる気しかしていない

タイトル回収はまだできない

ブログタイトルに「すべて幸せの伏線回収」、サブタイトルに「幸せになれる気しかしてない」とつけた私の強さ、若さに敵うものはあるだろうか。

この日記はもう現在進行形で黒歴史である。そういうメタ認知、まだしばらく捨てておく。

2ヶ月、逃げるようにして寝てばかりいた。夢の中のわたしは限りなく幸せで、二度寝、三度寝、まだ10時、まだ〆切は遠い、昼夜問わず寝たくなったら寝る日々。

目が覚めると、夢から打ち上げられた魚みたいで、さーっと潮がひいて現実だけが残る。ひんやりとした室内、買ったままの短歌集、畳みきれていない洗濯物。もう午前も終わろうとしていて、同居人たちは誰もいない。

同じ血をわかつ本能からか、連絡が頻繁にくるようになった。

父からline、母から電話、叔父からメール。何より驚いたのは、数億年ぶりに兄から連絡がきたことだった。くれたタブレット使ってるよと送ると、すぐ既読がついた。3分後「就職してもっといいのを買え」との返信、兄の遠回りな優しさに妹は感銘した。

我々は、5歳のころ空き地で遊んだときを超え、学生の頃忌み嫌っていたときを超え、数億年ぶりに、漸く歩み寄ろうとしているのです。氷はいつか溶けるもの。

小さな家が嫌いだった、学校と家とイオンで完結する世界の狭さを恨んだ、私は一人で生きてやる、そう思って家を出た。

このざまだ、相変わらず友達は少ないし、母の手料理は毎晩食べたくなる。情けないなと思いながら、情けない自分を待ってくれる家があることは、何よりの幸せだ。

でもだからこそ、帰れない。

歯磨き粉を吐き出す、少しでも歯が白くなればいいと思いながら。

 メールをチェックしてごみ箱に捨てていく、マッチングアプリを開いて左にスワイプし続ける。

さようなら、これは私の選らばなかった無数の未来だ。

重たいパソコンと向き合うと、まあるくなった顔が暗く映る。なんてみじめなんだろう。

今の私が一番若くて可愛いのに、どうしてこんなに悲しんで浪費しているんだろう。誰かを好きになる余裕がないのだろう。こうして、何にもならない日記なんて書いてるし。部屋の隅っこに座ってる。

 点と点がつながって、いまのまあるい顔の私も連なって、線になるときがくるのだろうか。

「生きているかぎりバットエンドはない」、何度でも言ってほしくて、もう再生するのは何回目だろう。

「すべて幸せの伏線回収」、意気揚々と書いたいつかの私。このタイトルを回収できる日が来るまで、何がなんでも生きてやる。

 

・猫にごはんをあげること・部屋で過ごすこと・スーパーに買い物に行くこと

の3点で成り立っていた生活に、ふと気が狂いそうになったので、きょうは前髪を切った。

ワンピースを着て、適当に飲みの予定を入れた。

そういえば、わたしって飲みに行けるみてくれをしているのか?

鏡よ鏡、と覗いてみる。だいぶひどかった。

コンシーラーとマシュマロパウダーで肌荒れを隠す、丁寧にマスカラを塗り重ねる、アイラインを引く、ノーズシャドウにハイライト。

リップはちょうどいい色が無かった。

 

こんないい出会い滅多にないよ、と繰り返す。

わたしもいい人だと思った。面白いし賢そう。

顔がツイッタラーの城戸さんに似てる。

将来が不安ですと言うと、大丈夫幾つになっても不安だからねと返された。

それは全然大丈夫じゃないな。お酒が進んだ。

東京に来たら連絡して、と言うから

はいと答えたけど、お互い半分くらいしか信じてなかった。

東京にきたらあそこに行こうねあれが美味しいから、こうやって守られなかった口約束たちはどこにいくんでしょうね。

見送りますか?見送ってよ、眠るところまで?

やや沈黙。顔が近くなる。

駅行きのバスが来た。

 

こんないい出会いないよって、わたしも言われてきたし、言ってきた。

現代を生きるわたしたちの防衛策だ。

 

東京には汚い大人がいっぱいいるんだって。

7400円分の飲み代は、東京の汚いお金で支払われました。

わたしは帰りにプリンを買った。

うっすら死生観

カレンダーの日付、4月19日。

小学校6年間を過ごした旧友らは、

わたしの頭の中に徹底的にたたきこまれている。

明日は、優しくて可愛くて猫を飼っていた

さくらんぼ農家の女の子の日。

売りものにはならない、大きくて赤くて甘酸っぱいさくらんぼを春になるとおすそ分けしてくれる。

 

経験は美化されて幸福度が高まるから、お金で経験を買ったほうが良い。

その通り。

これまで関与してきた人はすべていいひとだった。

ぜんいん幸せでいてほしい、そのついでにわたしも幸せでいさせてくれ。

 

昨日カラオケに連れていってもらった。

Mom、東京に一人でいったとき女の子と友だちになった。

Lucky Kilimanjaro、河川敷を歩きながらいっしょに歌って帰った夜。

Lucie,too、UlulUに会いたくてついでに聞いたっけ。

羊文学はそうだ、ギャルとサーキットライブで聴いた。

KANA-BOONはまさかこんなにごたごたするとは思わなかった。

ネクライトーキー、コピーしようって言ってくれた先輩元気かな。

銀杏BOYS、先輩たちの演奏で脳内再生される。

もっと一緒にライブに行けばよかったって本気で思ってるよ、これはSちゃんのことば。

 

帰り道、私たちあんまり長く生きたくないねとのんびり友だちが言って

晴れてもいない空をぼんやり眺めてわたしは返事をしなかった。

 

今年は大学4年生。

今月は4月。

もう一生会わない、会えないひとがたくさんいて、最後の会話なんだったんだろうか、

どんな顔だったか思い出せなくて悲しくなる。

誰かの記憶にわたしはちゃんと生きているんだろうか。

誰かの記憶のすみっこでわたしはきちんと笑っていますか?

たまには思い出していてほしい、

わたしはたくさんみんなのことを思い出している。

わたしの中で生き続けているひとがたくさんいるんだよ。

 

こんな感じで今日も日付けが変わる。

久しぶりに書いたらだーっと落ちていく感覚がしました。

おやすみなさい。

にんげんっていいな

医学部で顔がそこそこ整ったFさん、目の奥は笑ってない。

弟は俺の上位互換だから、と笑ったあとの沈黙が重かった。

ウイスキーをいくらでも作ってくれて、

いくらでも好きな音楽をかけてくれるから

はやく幸せになってほしい。

 

5人の女の子と順番に夜電話して、誰とも付き合えるという後輩のTくん、遊んでくださいよと言う。

模試はずっとE判定だったのに合格したらしい。

いつも俺より一枚下の女の子なんですよ、と嘆いて、

今日のメンツ最高でした、と笑った。

大学初期の浅さと痛さ、育てがいがある。

 

しっかりとした人と付き合いたいけどその基準がわからないHちゃん、今度先輩とごはんに行く。

それで付き合ってないんですか、と純粋に驚いていて可愛かった。

今度わたしともごはん食べにいってほしい。

 

いいな いいな にんげんっていいな

みんな 気持ち悪くて可愛くてダサくて愛しくていいな

 

 

おやすみなさい

小山田壮平が大丈夫というなら、

わたしは大丈夫なんだろうとぼんやりと思った。

けれど、このままでは小山田壮平の大丈夫すら届かなくなってしまいそうで怖い。

大丈夫、就活で人生が終わるわけでも死ぬわけでもない。

大丈夫、わたしはどこでも楽しくやれるはず。

大丈夫、生きていればバットエンドにはならない。

わたしがわたしを大丈夫にする。

わたしがわたしの人生を投げちゃいけない。

人を好きになってきて困った話

最近困ってしまったことがある。

人が好きになってきた。

 

地元から大学へ向かう夜行バス、

母と父の顔よりも、そのとき居合わせていた大きな白い犬の顔の方がよく思い出せるほど、

わたしはなに一つあの土地に未練がなかった。

高校までの自分と決別できるのだとせいせいしていた。

一人で幸せに生きていけるのだと驕っていた。

 

最近どうだ。

大学の友人と会うと毎週遊んでいたい気持ちになる。

映画館で大して興味のない映画をみたり、同じ本屋であまり更新されない本を物色したり、銭湯のおじさんと話していたくなる。

サークルの先輩には長文のラインを送ってしまう。

母に長電話をして呆れられてしまう。

誰とも離れがたい。

好きな人たちに好きなわたしをそばで認めていてほしい。

困った、参った。

 

わたしはひとりで生きていける気がしてならなかった。

ひとりでいることが自分のこの上ない幸せなんだ、と。

百万円と苦虫女」のように土地も人間関係も転々として生きることに、憧れていたし、

向いていると思ってた。

 

生きていくうえで、

誰かにそばにいてほしいと思うわたしがいる。

 

 

困った。

 

わたしのことを好いてくれる人の横で、

ずっとそばにいたくなってきた。

 

どうやらわたしは、私のことがちゃんと好きになってしまった。

わたしは毎日毎日小さで確かな大丈夫と幸せを積み重ねているけど、

ふと目の前にどーんと大丈夫と幸せを持ち合わせている人があらわれて

どうしようもなくなってしまうし、

わたしがあきらめてしまった幸せをみて落ち込むときがある。

 

家族のことは大好きだけれど大好きというのは同時に責任でもあって

その現実にどうしても耐えられなくなってしまう。

家族はいつまでもわたしの理想であってほしいけれど、ただの現実であった。

家族が自分とはちがう物差しをもっていると

言葉と言葉が通じなくて辛くなる。

ひとりで生きていきたいけれど

ひとりで生きていけるわけはない。

 

平たくいえば私はあほだし面倒くさがりだから、

あほだからあほなりに自己を正当化して楽しく生きようとしてるし、

面倒くさがりだからがんばるより今の自分を愛してやる、と思っていたけど

やっぱりもうちょっとがんばるべきなのかも。

 

わたしはほんとうに運がいいし、自分が自分で好きだけれど、

いつか自分のことを許せなくなりそうでたまに怖い。

 

長ったらしく書いたけど、ようは就職活動の進め方で悩んでいるということです。

ひとりで生きていくなら別になんも問題ないけれどね。

きょうのおさんぽ

 

 

f:id:meguroo:20210311221320j:image

 

部屋からお花見。

午前に映画を一本見て、春の風を聴いて、おふとんを干して、かなり浮かれてる。

いい天気、これはおさんぽするしかない。

 

f:id:meguroo:20210311224149j:image

 

いざゆかん!

このニットのカーディガンともこもこのターバンを合わせるのお気に入りで

ご機嫌なわたし。

(母に可愛くない?って送った)

(お母さんいつもありがとう)

 

河原、いいね、

話す少年たち、いいね、

小山田壮平、いいね、

わたし、ちょういいね。

 

ふんふんと歩んでたら、塾の生徒さんを発見。

いっしょの方向なので、

受験とか好きなたべものの話をしながら歩いた。

女の子、かわいいね。

未来、ちょうまぶしいね。

おすすめしてくれたオムライス、たべたいね。

 

f:id:meguroo:20210311222207j:image

すごいみてくる。

 

 

f:id:meguroo:20210311222538j:image

共倒れってやつ、これが愛。

 

 

f:id:meguroo:20210311222724j:image

あんた薔薇っていうの、良い名前だね。

 

 

f:id:meguroo:20210311222926j:image

いつから見てたの?

 

 

f:id:meguroo:20210311223044j:image

並んで景色みてるんだって。

 

 

f:id:meguroo:20210311224243j:image

ニートになったら買おう。

 


f:id:meguroo:20210311223219j:image

君たちうちのこになる?

家電って可愛いかも、こんどお絵描きしよう。

 

 

あたらしい相棒(自転車)をむかえて、帰宅。

 

戦利品↓

f:id:meguroo:20210311223601j:image

本屋さんのブックカバーかわい〜

店員さんかわい〜、

お話するけどぜんぜん認知されないから

今度はもっとトリッキーな服を着てやる。

 

 

今日もいい日だった〜、みなさんおやすみなさい。

語彙力なし、脳死した文章失礼しました。

 

いらいらするよりきらきらしてたいから

以下、自分への戒めの文章

 

自分が怒っちゃうような人、自分を傷つけてくる人、自分を下にみてくる人とは一緒にいないようにしてきた。

そういう人に対しても傷つけないまま離れてきた。

私だってその人に傷つけられる程度の人間なんだって、下にみられてたんだって、情けないけど、ちゃんと受け入れてきた。

その人にも正義があって、わたしの正義と合わなかっただけなんだってわかるよ。

傷つけたひとからは自分から距離を置いてきた、だからね、お願いなんだよ。

一生傷つけない自信がない限り関わんないでほしいんよ。

一生幸せにする覚悟もないくせに軽く関わんないでほしいんだよ。

 

出会わなきゃよかったって言わないし、出会ってよかったって思ってる、思おうとしてるの。

その人たちを傷つけたくないとか守りたいのではなくて、自分を正当化させるためなんだよ。

わたしはわたしがしょうもない人間に時間を使ったと認めたくない。

しょうもなくて惨めなひとに傷つけられるしょうもなかった自分だって気付きたくない、傷つきたくない。

わたしは自分で自分のことを最高で可愛い人間だと思ってるけど、誰かからみたら可愛くない最高じゃない人だってわかってるんだよ。

だから、もう、許してくれ!!

ハッピーが見合う人間になりた〜い!!

書いたらすっきりした!

こんなことに時間かけてる場合じゃないんだよほんとうに〜〜たのむぜ、わたし!がんばろ!

運命じゃなかった運命の話

f:id:meguroo:20210305184427j:image

 

ストリートビューで映った幸せそうな2人は永遠に存在しつづけていて、やっぱり永遠とかずっととか運命っていうものはその瞬間にしか存在しないものなんだなと思った。

 

全く観るつもりはなかったけれど、急遽思い立ち、観に行った。観に行ってよかった。

世の中には運命じゃない運命が転がっていて、それを蹴っ飛ばしてしまうことが運命だと思う。運命、自分の人生であまり考えたことないけれど。

出会ったことも別れたことも何ひとつ間違いではなく、2人にとって、そのときにある2人が幸せになる選択をしていた。

出会って付き合うことも、別れることも、その選択を選びとるほかなかった。

けれど。麦くんも絹ちゃんも永遠に一緒にいれる(かもしれない)運命だって、出会ったときに思っていたはずで。

いつか別れる(かもしれない)、それでもなるべく長く一緒にいれるように選択をする。

選びとるものがちょっとずつ違って、麦くんが思う幸せは絹ちゃんにとって幸せじゃないし、絹ちゃんの思う幸せは麦くんにとっての幸せじゃなくなってた。

2人で幸せに過ごしたい思いは変わらないのに。

2人とも枯れないように水をあげ続けるけれど、そもそも育てたいものが違うから、栄養の与え方が違うし、うまく育たない感じ。

映画を観ている私たちはこの2人が別れるのを知っている。

渦中にいる2人だって、誰かと付き合いはじめた私たちだって、別れがちらつくのはおんなじだ。でもそれを怖がっちゃいけないよね。

必要なときに出会うし、必要じゃなくなったから別れるんだ。

ほんとうに別れてよかったなとみんなに対して思う。麦くんも、絹ちゃんも、別れてよかったと思ってるだろう。

何かを選びとれば、同時に何かを捨てていて、どちらにせよ幸せで不幸せなんだから、選択したものを正解にしていくほかないのだ。

 

趣味が合致すれば、お互いの語らない文脈が同じだだし、なんとなくうまくいくと思っていたけど、いかに将来のすがたを共有できるかなのかな〜とか思った。

優先順位もおんなじがいいよね。あと結婚はタイミングと妥協なのかね〜、とか普通のことを思った。

わたしは麦くんタイプだと思うのでやや怖い。塾長には恋愛より仕事を取るタイプでしょ?といわれて言い返せなかった。

 

見終わったあと、前のパッとしない男子高校生たちが「なにが面白いかわからんかったな」って言っていたの良かった。肩叩きたくなった。

私はポップコーンのからになった容器を抱きながら、麦くんと絹ちゃんよりもさきに泣きそうだった。(私は映画で結構泣きます)

生きていくとこうやって、共感したり比べたりできて、自分と反射させて作品を落とし込んでいけるようになるんだぞ、少年。

だから泣いてて引かないでくれ。君もいつかわかるときがくるぜ。

歳をとるのも案外悪くないのかもしれない。 

 

私も花束みたいな恋したいな、いつか枯れちゃっても、ドライフラワーにして楽しんでいけるような、長続きする恋がいい。

 

そんな花束にみあうような人間になりたいです。有村架純にはなれないけどね。

 

追記(自分用のメモ)

私はこれまで自分と同じようなタイプの方ばかりと恋愛してきていて、だからうまくいかなかったのかなとも思ってて、笑笑を平気で使ってホラーとアクション映画が好きな人とやりとりしてみる。

花束を一緒につくるんじゃなくて、花束を交換していくのも同じくらい尊いよなあ。どうですか私、幸せになれそうかしら。あとほんとうに運命なら、また会えるよな〜とか思うね。

恋愛とか気が狂う作業、運命だのなんだの言ってないとやってらんないよね〜。

そういえば麦が絵を褒められたことで絹に惹かれたように、人って自分が一番大切なものを肯定してくれる相手に弱いよね。それって恋愛感情だけってよりも、自己を認めてくれる相手だから惹かれてるんじゃないかな? 麦も絹もお互いの中にいる自分が好きだったけど、お互いの中にいる自分がいなくなってしまったような。

(そういえば、最近別れましたが、相手や私の中にある自分よりも、他の人の中にある自分の方が好きになったんだな〜って思った。)

 

自分が好きなものが一番尊いと思ってる感じ、みていてウゥッてなった。あなたが特別だと思ってるものは、周りの人から見たら特別じゃないよ。周りの人が特別に持っているものもそれぞれ特別なんだと知ったから、麦も絹も自分とは違うタイプと恋愛したのかもしれないね。

最初から同じだとズレが気になってしまうけど、最初から違うと同じにしていけば楽しいし。どこまでを許していくか、許せる愛を持つことが大切ですよね。

わたしも今度はうまくやっていけそう〜な気がしてる〜

 

わたしのことはわたしが幸せにするほうがどうしても安心な気がして、一人でドーナツを食べる。誰かと食べるのだって美味しくて、手を繋いで歩く人を目で追ってしまう、ドーナツお前は。そういえば昨日知らない番号からかかってきた電話、誰だったんだろう。

 

どうせまたいなくなるんだろうと思ったらいなくなっちゃった。今度こそ大丈夫だろうと思って大丈夫じゃなかった。むしろ大丈夫じゃないほうが安心しちゃった。それでも、置いてかれるより捨ててしまえと思うのは、破綻するなら破綻させてしまえと思うのは、傷つくなら傷つけてしまえと思うのは、よくない、よくないよ。

 

自ら不幸にならない、なろうとはしないで

 

5年後どうなっていたいですか、の質問にうまく答えられなくて、5年後もきっとなんとなく幸せ、これは祈りです。

2/1

昼夜と好きな人とごはんを食べたのでとても嬉しい。芯が強くて適度にみせる弱さが心地いいなと思った。他の人に恋愛のはなしをしないのは、自分のみじめさを認めたくないからだと気付いた。誰かと話したい誰かはいなくて、どうしようもないな、きっと割ともうどうでもいい。誰かといると自分の輪郭がくっきりしていく。「一人で生きていけそうにみえる?」と聞いたら1人は頷いて、「結婚しそうにみえる?」と聞いたらもう1人が頷いた。その人に自分でない自分がいるってなんか不思議ですね。嫌いな人がいないけど、それって誰のことも信頼してないし期待してないからだよね、と友人と話した。好きな人の中にいる自分を最大限に再現したいと思う。とりあえずは自分を許したいから、生活をする。

Q1週間日記をつけるということは

 

 

1/12

ゼミでの進捗報告怒られると思ったのにあまり怒られなくて、あ〜わたしを叱るのはもうわたししかいないんですねもう成人してるしねと思った 

 

 

1/13 

雑に生きてるそこのあなた 

今日のラッキーカラーは赤 天気はくもり 心もどんより 走って乗ったバスでうっかりお財布を忘れたことに気づくでしょう バイト終わり銭湯にかけこんじゃうかも そろそろ見切りをつけられるでしょう こころにぽっかりと穴が空いてるよう、ここがふんばりどきです 

それでは明日も元気に生きましょう せーの

 

1/14

書く元気もない ただ現実があるだけ 申し訳ない気持ちでいっぱいだ 自分をきちんと嫌いになれるほどの自分への愛着がなくなってしまった もう真正面から自分を否定できないだろう

 

1/15
優しいひとたちに囲まれて生きてるから、わたしも優しく生きたい 今日は雲が少ない青だった 図書館に行くと本が読みたくなるし、スーパーに行くとごはんが食べたくなるし、自分で環境は作ればいいんじゃないですか 
自分で自分を騙すんだよ 例えばサンボマスターを聴くとかがそれにあたります

 

1/18
好きなものをずっと変わらずに好きだと言えるように、今を生きてる 好きな音楽も好きな映画も好きな人も、ずっと味方だと思えるだろうか 自分が酷く醜くなって、全てが敵にしかみえなくなるときがくるかと思うと怖い どうかこの先がハッピーエンドでありますように

 

1/19

ずっとこの給料、この暮らしなんだよと細い声で言っていた なにがこの人に仕事をやめさせて京都へ行こうと駆り立てるのか全くわからなかった あのときは

 

1/20

生徒に来年の春どうなっていたいですか、想像が大事ですと言ったが、自分に言い聞かせていた ごめんね
大学から帰るバス、来年ここを離れるんだろうかと思ったら悲しくて愛しくて堪らなくなったが、今はただつらい現実があるだけでした チクショ〜❕❕
観ないまま上映が終わる映画、読まずに返却する本、どうしても言えなかった言葉、去年はたくさんあったな きっと今年も、kid fresino、ちぇけら❕❕❕

 

 

1/21

自分に余裕がないと優しくできなくて、母親からの電話に出なかった 弱みを誰かに見せるのがいつまでも下手だ おそらく前世は野生で生きる小動物だったのだと思う 別に誰も嫌いじゃないけど、好きを分ける余裕がない 今日予定した計画を二つ踏み倒した そんな日があっても良い

 

A.心が弱ってる証拠である

 

1.4

どんな人とでも飲み会終わりに歩いて帰るのが好きで、酔いが覚めた次の日に思い出して、あれは良かったなと思ってしまう。ほぼ中身のない会話と会話の間を、足音で暗闇で車の走行音で、埋めるのが好きだ。

ギターケースをガムテープでなおして使っていた先輩が、働きたくないと言った。粉からカレーを作っていた先輩が、毎日コンビニ弁当だと言った。ネカフェに泊まった先輩が、旅がしたいと言った。音楽の話は1年前から何も更新されていなくて、私たちはこうして最強ではなくなるのだと知った。

先輩たちはいつか売れると思ってますと、私はちょっとだけ嘘をついた。このまま終わって欲しくないと思っています、というのは本当だった。また飲みに行こうと、嘘だとしても嬉しかった。

12.21

幸福な女の子たちはお菓子みたいだと思う。甘さも幸せも内包していて、決してそれを周りには出さない女の子。いるじゃないですか。友だちも恋人もいて、カフェにも本屋さんにも行くのに、決してインスタには投稿しない。一人で幸せが完結しているような人。わたしはそれになりたかった。

はやく内定ほしいな、ばちばちに明るく髪を染めてやる。わたしはわたしのものにしかならない。